>

何を売っているのか説明する

具体的な文章を書く

商品を出品すると、説明を記載する欄があります。
どんな商品なのか情報を記載することで、安心感を与えることができます。
詳細な情報がわからないものを、買いたいと思わない人が多いでしょう。
大きさや、色を書くと良いですね。
また服や家電の場合はブランドも書くと、興味を持ってくれる人が増えます。

付属品がついているなら、その旨も伝えましょう。
具体的な情報があれば、安全だと周囲にアピールできます。
文字数が限られていますが、メルカリの説明欄はかなり長く文章を書けます。
必要な情報を、全て掲載できるでしょう。
ずっと出品しているのになかなか買い手が現れない場合は、説明不足が原因かもしれません。
説明欄を見直して、書き直しましょう。

写真があると伝わりやすい

誰にでも情報がわかりやすく伝わるために、説明欄に写真を乗せてください。
文章だけの説明より、写真があった方がわかりやすいですし、安心感を与えられます。
写真が掲載されていないと、本当は商品を持っていないのではないかと疑われるので、売りにくくなってしまいます。
メルカリできちんと売れるように、写真を用意しましょう。
正面からの写真だけでなく、横や後から撮った写真も載せるのが良い方法です。

メルカリでは数枚の写真を、説明欄に掲載できます。
また、商品に傷や汚れがついている場合は、必ず説明欄に記載してください。
傷をアップにした写真も、載せると良いでしょう。
すると傷が付いていることを了承している人が、購入してくれます。


この記事をシェアする